事業案内

NAX JAPANでは、トータル貨物輸送を目指し、航空貨物のほかに船舶貨物も取り扱っております。船舶貨物の輸出入業務は、生鮮貨物をはじめ、加工食品、おもちゃ、衣類などの貨物をお引き受けいたします。船舶貨物の輸出入港は東京、横浜、大阪、博多など日本メインポートはすべて指定できます。航空貨物でのサンプル出荷から船舶貨物での商業品まで、ぜひ当社までお問い合わせください。

国際航空貨物

国際航空運送協会(IATA)認可の貨物代理店として、創業以来、国際航空貨物の複合一貫輸送を安全かつ迅速な対応でご提供できる体制を作ってまいりました。
特に、鮮度が重要とされる生鮮食品などの輸出入に関しては、業務に精通したプロフェッショナルが対応することはもちろんのこと、弊社独自のネットワークを活かしてきめの細かいサービスを提供させていただいていることにより、お客様からも厚い信頼をいただいています。
また、多品種、短納期、緊急度の高い貨物なども迅速に対応させていただきます。

国際船舶貨物

国際航空貨物と同様に国際海上貨物輸送についても安全かつ最適なサービスでご提供できる体制を作ってまいりました。
LCL、FCL貨物の対応はもちろんのこと輸出入通関から物流に関する各種コンサルティングを含め、業務に精通したプロフェッショナルがお客様のご要望に添えるサービスを提供しております。
海外の現地法人、独自に構築した世界各国のフォワーダーとの連携により、より正確より迅速な対応を目指し、お客様に安心していただける国際複合一貫輸送ネットワークを構築しております。

物流センター

平成24年11月より成田国際空港貨物地区内、及び平成29年7月より平和島にて保税蔵置場を運営しており、貨物の積み卸し、仕分け作業、運搬、蔵置等の税関手続を迅速にご対応致します。
特に、平和島のセンターにつきましては、国際海上貨物輸送に適した設備を充実させ、設定温度5度および±0度の冷蔵庫、-25度~-10度の3温度帯に対応できる冷凍庫を導入していることとともに青果物の一時蔵置に関して、スーパークーリングシステムを活かした高機能な鮮度保持技術を採用し 農水産物輸送に係る安心かつ安全な体制を築いております。